All Posts

銀行ローンカードの審査基準

キャッシングは使い方次第で日常生活においても役に立つ便利なサービスですが、キャッシングを始めるには申込をし、審査に通らなければなりません。
銀行ローンカードは審査に通れば初めて利用できるようになりますが、はじめてキャッシングをする人の中には審査に通るかどうかが不安な人もいると思いますが、申込前に融資が可能かどうかを調べる「借入診断」があるので、それを利用すれば結果が100%正しいと言えませんが、やってみるのもよいかと思います。
キャッシングは無担保でお金を貸すので、お金を貸しても返してもらえなければ貸し倒れになってしまい、事業として成り立たないので、審査基準は「お金を貸しても返済する能力が有るのか」を判断します。
審査の結果次第で借入希望額が借りられたり、少し不安要素もあるので様子を見るといったことから融資限度額が下げられたり、返済を続けるのはむつかしいと判断されたときは融資を断られることもあります。
審査は申込書と信用情報機関の個人情報のデータをもとに申込者の属性を調べます。
属性が高ければ融資を受ける可能性は高くなり、属性が低ければ融資を受けるのがむつかしくなります。
属性とは申込者の信用度を見ることで、たとえば同じ会社の勤続年数が長いと収入も安定していることや、社会的信用も高いことから属性は高くなり、短期で会社を転々と変えていると、いつ辞めるかもわからないということから属性が低いと判断されこともありますが、毎月の給料をもらい、普通の生活をしていれば審査に通らないということはありません。