All Posts

消費者金融の属性スコアリング、公務員がやっぱり強い

申し込みをするとおこなわれる審査の一つとして属性スコアリングがあります。
これは消費者金融に申し込みをしたときの書類に記入した内容の一つ一つに点数をつけるというものです。
収入の高い低いだけが審査に影響があるのではなく、健康保険証の種別や勤続年数や、居住形態などもあります。
わかりやすいのは職業です。
士業が最も評価点数が高くなっていますがやはり公務員も評価が高くなります。
だからといって、パートやアルバイトでは審査に通らないのかといえばそうではありません。
プロミスでもパートアルバイトも申し込み可能となっているように、全てが職業や年収だけで判断されるわけではないからです。
総合点の高さ、これが審査には影響をしています。

株の失敗、消費者金融で補てんするのは危険すぎる

事業性のある融資以外は自由となっている消費者金融の資金使途ですが、何に使っても問題ないというわけではありません。
禁止されているわけではないものの、資金使途には適していないということはあります。
例えばギャンブルです。
収入によって返済が確実に行えるものでなくてはなりません。
勝ったら返す、負けたら借りる。
このようなことであれば当然借金は膨らむ一方です。
ギャンブルといえばパチンコ、競馬などが思い浮かぶかもしれませんが、先を推測するしかないという点で考えると株も同じことです。
これからお金を借りようというとき、その返済は収益で賄おうと考えているのか、収入で返済しようと考えているのか今一度考えてみましょう。

嫌がらせのような取り立ては消費者金融にはない

消費者金融でお金を借りることに何かしらの不安があるのではないでしょうか。
そこには万が一返済ができなくなったとき、恐ろしいばかりの、そして嫌がらせのような取り立てがあるのではないか、それを心配している方は多いのかもしれません。
今、正規の消費者金融でそのような取り立てを行うことはありません。
金融庁でも日本貸金業協会でも消費者金融各社でも取り立てに関するガイドラインが作られています。
さらに貸金業法でも取り立ての禁止事項をいくつも定めています。
消費者金融の取り立てでは大きな声を出す、暴力的な態度はもちろんのこと、電話をかけてよい時間帯も常識の範囲内と決められています。
取り立て自体は恐怖のものではなくなりましたがそれでも借りた金額を返済するというのは当然の義務です。

ワーホリに行くためのお金を借りる

最近は外国へ行くのも簡単に行けるので、語学留学やワーキングホリディで海外へ出かける人も増えていますが、海外で生活をしていてお金が必要になったときはどのようにすればよいのでしょうか。
海外へ出かけるとき、必要なお金を国内で両替をして持っていく方法や現地の空港やホテルで両替をする方法もありますが、海外へ出かけるときは現金を持ち歩かないというのが常識となっていて、買い物などもクレジットカードで済ませるのが安全な海外旅行をするための基本で、クレジットカードにはショッピング機能と即日お金を借りるキャッシング機能があり、利用限度額の範囲内であればどちらでも使えます。
短期の旅行ならそれほど問題はありませんが、ワーホリのように滞在期間が長くなると、お金が必要になったとき、どこで借りられるのかもわかりませんし、知らないところで借りるのは大変危険な行為で、そんなときは前もってクレジットカードの契約を済ませておき、クレジットカードを持っていけば安心して過ごせます。
クレジットカードは現地のATMでお金を引き出すことができ、両替手数料も不要なので無駄なお金も発生しませんし、常に現金を持ち歩くという必要もなく国内でキャッシングを利用するように必要なときに必要なお金が借りられるのでお金を心配して面白くなかったということもありません。
語学留学やワーホリは行ってみたいけれど海外で長期滞在は恐そうだし・・という声もありますが、ちゃんと情報集めをすれば安全ということも理解できるので、できることなら体験してみてはどうでしょうか。 

銀行ローンカードの審査基準

キャッシングは使い方次第で日常生活においても役に立つ便利なサービスですが、キャッシングを始めるには申込をし、審査に通らなければなりません。
銀行ローンカードは審査に通れば初めて利用できるようになりますが、はじめてキャッシングをする人の中には審査に通るかどうかが不安な人もいると思いますが、申込前に融資が可能かどうかを調べる「借入診断」があるので、それを利用すれば結果が100%正しいと言えませんが、やってみるのもよいかと思います。
キャッシングは無担保でお金を貸すので、お金を貸しても返してもらえなければ貸し倒れになってしまい、事業として成り立たないので、審査基準は「お金を貸しても返済する能力が有るのか」を判断します。
審査の結果次第で借入希望額が借りられたり、少し不安要素もあるので様子を見るといったことから融資限度額が下げられたり、返済を続けるのはむつかしいと判断されたときは融資を断られることもあります。
審査は申込書と信用情報機関の個人情報のデータをもとに申込者の属性を調べます。
属性が高ければ融資を受ける可能性は高くなり、属性が低ければ融資を受けるのがむつかしくなります。
属性とは申込者の信用度を見ることで、たとえば同じ会社の勤続年数が長いと収入も安定していることや、社会的信用も高いことから属性は高くなり、短期で会社を転々と変えていると、いつ辞めるかもわからないということから属性が低いと判断されこともありますが、毎月の給料をもらい、普通の生活をしていれば審査に通らないということはありません。